妊娠授乳中の食生活

妊娠授乳中の食生活

 妊娠授乳を節目にヘルシーな食生活に切り替えるというのも良いと思います。
ご家族にも赤ちゃんのためだからと説得することで了解を得やすいと思います。

 

 母乳に良くない食べ物の項目にも載せましたが、出産後すぐのときは特に、
乳管がまだ十分開いていません。そのため高カロリーに高脂肪、高糖分なものは、
おっぱいを詰まりやすくする原因になりますので、注意したい食品です。

 

 もちろん、授乳中は常に心がけるべきですが、あまりに自分を抑制しすぎると、
ストレスになりますので、「いい加減」は「良い加減」と捉えておきましょう。

 

 とはいっても、おっぱいが張りやすい、詰まりやすい、乳腺炎になりやすい方は
より注意する必要があります。

 

 

 また、母体の健康状態が良くないとおっぱいに関わるトラブルが起こりやすいので、
そのような時には食事に配慮してください。

 

 また、授乳中は異様に食欲が旺盛になり、驚くほど食べてしまいがちです。
このとき母乳を出しているからいくら食べても太らないからいいだろう、
と思って実行してしまうと体力が失われるためオススメできません。
指のひび割れや痛みなども激しくなる可能性すらあります。

 

母乳育児の食事でダメなもののサイトのトップページはこちら